easyMarkets

easyMarketsのMT4の使い方

カワセちゃん
カワセちゃん
easyMarketsではどのようなプラットフォームを使いますか?
ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
easyMarketsはMT4やウェブプラットフォームが使えます。
トウシくん
トウシくん
今回は、easyMarketsのMT4について解説します。

easyMarketsで用意されているプラットフォームは、3種類あります。

MT4、ウェブ、モバイルがあります。

ほかの取引所でも使われているMT4だと取引がやりやすいです。

まずは、それぞれの特徴を簡単に解説します。

MT4の特徴

世界中の取引所で使われているプラットフォームです。

Windows、Android、iOS、Linuxで使えます。

インジケーター、EA(自動売買)、バックテストの機能が使えます。

カスタマイズするとより使いやすくオリジナルのものになります。

ウェブの特徴

easyMarkets独自の取引プラットフォームです。

シンプルで取引がしやすくなっています。

dealCancellationや、フリーズレート、インサイドビューワーなどの独自ツールが使えます。

モバイルの特徴

easyTradeやデイトレードなどがしやすいです。

分析ツールやニュースなど重要な情報を入手できます。

Android、iOSで使えます。

easyMarkets独自の機能が備わっています。

ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
次にeasyMarketsのMT4の使い方を解説します。

MT4のダウンロード方法

MT4は取引所のページからダウンロードができます。

簡単にセットアップが終わるので、すぐに取引ができる状態になります。

easyMarketsの公式ページを開く

easyMarketsの公式ページを開きます。

「プラットフォーム」にある「MateTrader4」をクリックします。

easyMarketsにログインをする

「MT4に登録&ダウンロード」をクリックします。

ログインをする

アカウントとパスワードを入力して「ログイン」をクリックします。

MT4をダウンロードする

「PCにダウンロード」をクリックします。

MT4のセットアップ

ダウンロードした「easyforex4setup」をダブルクリックします。

「次へ」をクリックします。

MT4を起動する

「MT4 at easy-forex」をダブルクリックします。

取引サーバーを選択する

「EasyForex-Live」をクリックして、「次へ」をクリックします。

MT4にログインする

既存のアカウントを選択して、ログインとパスワードを入力します。

入力したら「完了」をクリックします。

これでMT4を使って取引ができます。

ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
導入も簡単でMT4が使えるようになります。

easyMarketsのMT4の機能

MT4にある機能を紹介します。

通貨ペア

ここから取引したい通貨ペアを選べます。

チャート

メインになる画面になります。

時間足や表示数も変更ができます。

ポジション

持っているポジションや損益が確認できます。

インジケーター

さまざまなインジケーターやオリジナルのインジケーターが使えます。

ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
さらにMT4ならこのような機能も使えます。
  • ワンクリックCFD取引ができます。
  • プレインストールされたインジケーターと分析のツールが使えます。
  • カスタム取引テンプレートの作成や、既存のテンプレートから選択できます。
  • 20年以上蓄積されたデータでエクスパーアドバイザーのバックテストが可能です。
  • iPhone、iPad、Androidのスマートフォンとタブレット、およびPCで利用可能です。
  • 通貨、金属、コモディティ、インデックス、暗号通貨や株式を含む、80以上のマーケットで取引できます。
  • 価格の透明性のためのタイトな固定スプレッドになっています。
  • アカウントで利用できる基本通貨:USD, GBP, EUR, CAD, AUD, ILS, CNY, NZD, NOK, CHF, JPY, PLN, SGD, ZAR
  • EA利用可能です。

 

MT4を使えばこのような機能が無料で使えます。

さらに自分なりにカスタマイズできるので使いやすいようにできるのが最大のメリットです。

easyMarketsのMT4の使い方のまとめ

easyMarketsで取引するプラットフォームは3種類あります。

MT4を使えばいろいろな機能が使えて取引や自動取引EA、独自のカスタマイズが可能です。

MT4だとeasyMarketsにあるストップロス機能、バニラオプション、先渡し取引、ニュース、スリッページなしなどの機能は使えません。

トウシくん
トウシくん
MT4を使いこなせるようにデモで練習するのもおすすめです。