海外FX

海外FXはアプリで取引できる?導入方法やおすすめアプリを詳しく解説!!

最近では、スマートフォンからFX取引をする人が増えてきました。

スマホを使えば、場所や環境に左右されずにどこでも取引可能です。

会社によっては独自のスマホアプリを使って取引ができるので、有効に活用して快適なFX取引を始めてみましょう。

本記事では海外FXのアプリというテーマで、対応アプリの詳細やおすす業者について詳しく解説します。

海外FXはスマホからできる?

海外FXでは、ほとんどの会社でMT4/MT5を採用しています。

MT4/MT5とは?!
ロシアのメタクォーツ社が開発した高機能為替取引ツール
MT4→EAやカスタムインディケータが豊富
MT5→動作スピードが早く、豊富な時間足から分析可能

MT4/MT5はスマホアプリも提供されているので、PCだけではなくスマホからも取引可能です。

ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
国内FXは自社ツールを提供している会社が多いけど、海外FXでは主にMT4やMT5で取引をするのが一般的だね。

MT4アプリ

MT4のアプリ機能
・インジゲーター表示
・チャート表示
・気配値
・新規注文・決済
・取引履歴の閲覧
・マーケットニュースの閲覧

海外FXのほとんどは、取引のプラットフォームとしてMT4を採用しています。

MT4は為替取引だけでなく株式の取引にも利用されており、世界中のトレーダーが愛用するプラットフォームです。

MT4を採用している海外FX
  • XM Trading
  • GEMFOREX
  • FBS
  • HotForex
  • Land-FX
  • Exness
  • AXIORY
  • TitanFX
  • IS6FX
  • BigBoss
  • easyMarkets
カワセちゃん
カワセちゃん
色んな会社で使えるんだね!
トウシくん
トウシくん
古くからあるプラットフォームなので、ほとんどの会社が対応していますね。

海外FXでMT4アプリを使うには、以下の手順で導入できます。

  1. MT4対応のFX会社の口座開設
  2. 口座開設後に取引口座へ入金をする
  3. スマホからMT4をインストール
  4. MT4内で口座開設したFX会社を検索
  5. ログインIDとパスワードを入力

スマホだけでなく、iPadやAndroidのタブレッドからでもインストール可能です。

MT5アプリ

MT5のアプリ機能
・インジゲーター表示
・チャート表示
・気配値
・新規注文・決済
・取引履歴の閲覧
・マーケットニュースの閲覧

MT5はMT4よりも後に開発されたプラットフォームです。

MT4では9種類の時間足で表示できますが、MT5を使うと21種類もの豊富な時間足からチャートが表示できます。

カワセちゃん
カワセちゃん
21種類?!
とても多いね!
ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
MT4にはない3分足や12時間足などが使えるよ。
幅広い視点で相場分析するのに最適だね。
MT5を採用している海外FX会社
  • XM Tarding
  • AXIORY
  • TitanFX
  • FXGT
  • Exness
  • FBS
  • TradeView

MT4対応の会社に比べると、対応している会社は少ない傾向にあります。

MT4とMT5のどちらも対応している会社では、口座開設時にMT4口座orMT5口座のどちらかを選択します。

ログイン情報が異なるので、使いたい方の口座タイプを選択するようにしましょう。

FXGTはMT4に対応しておらずMT5のみが利用可能です。

  1. MT5対応のFX会社の口座開設
  2. 口座開設後に取引口座へ入金をする
  3. スマホからMT5をインストール
  4. MT5内で口座開設したFX会社を検索
  5. ログインIDとパスワードを入力

導入手順はMT4と同じです。

Andoroid→GooglePlay、Apple→APPstoreから検索すればインストールできます。

cTtrader

cTraderのアプリ機能
・インジゲーター表示
・チャート表示
・気配値
・新規注文・決済
・取引履歴の閲覧
・マーケットニュースの閲覧
・メールアラート機能

マイナーなプラットフォームではありますが、MT4/MT5に次ぐ次世代のツールとしてcTraderというプラットフォームが注目されています。

cTraderは海外FX業者ごとにアプリが提供されている仕組みです。

トウシくん
トウシくん
取引のしやすさや動作スピードの早さから、スキャルピングトレーダーに人気のツールですよ。
cTraderを採用している海外FX
  • AXIORY
  • TradeView
  • FxPro

対応している会社がかなり少ないので、cTraderを使える会社はかなり限られていると言えます。

しかし注目度は高いので、今後対応会社が増えてくると考えていいでしょう。

  1. cTrader対応のFX会社の口座開設
  2. 口座開設後に取引口座へ入金をする
  3. スマホからcTraderをインストール(開設した会社のcTrader)
  4. ログインIDとパスワードを入力

AXIORYの口座開設をして、TradeViewのcTraderをインストールしてもログインできないので注意しましょう。

あくまでも、同じ会社が提供しているcTraderをインストールする必要があります。

ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
AXIORYの利用者はcTraderを使っている人も多いよ。
まずはデモ口座で操作に慣れてから使ってみるといいね。

独自アプリを提供している海外FX

次に、独自のアプリを提供している海外FX業者を紹介します。

独自アプリでは、入出金などの口座管理もできる会社もあるので有効に活用してみましょう。

XM Trading

XMではMT4/MT5だけでなく、独自アプリからのトレードができます。

2019年から提供されていますが、日々改良が重ねられており使いやすいと評判です。

カワセちゃん
カワセちゃん
アプリ上からもトレードができるの?
トウシくん
トウシくん
MT5口座を作っている方であれば誰でも使えますよ。

XMのアプリはMT5と連動しているので、MT5口座を作っていればトレードも可能です。

MT4やMT5でのアプリではXMへの入出金ができませんが、XMの独自アプリでは入出金といった口座管理からトレードまで幅広く対応しています。

XMは1人8口座まで口座が持てます。
最初にMT4口座を開設した方でも追加でMT5口座を持つことが可能です。

iFOREX

iFOREXは、海外FXでは珍しくMT4やMT5での取引ができません。

全てiFOREXのアプリかPC版ツールから取引をする仕組みとなっています。

iFOREXのアプリは操作性が高く、MT4やMT5よりも新規の注文や決済がしやすいです。

ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
海外FXではあるけど、アプリ内は全て日本語で記載されているよ。とにかく使いやすいから、外出先でトレードするのに最適だね。

iFOREXへの入出金もアプリでできるので、全ての機能がアプリ1つあれば完結します。

iFOREXでは不定期で付与される入金ボーナスキャンペーンがあります。
アプリを入れておくとスマホ上に通知が来るので、ボーナス期間のみに入金をすると資金効率が良いです。

easyMarkets

easyMarketsは、海外FXの中でも変わった運営をしている海外FX会社です。

固定スプレッドの採用や独自ツールの提供をしています。

スマホアプリも提供されており、easyMarkets独自の豊富な機能が利用可能です。

  • 注文を指定した時間内にキャンセルする
  • 3秒間だけレートを固定する
  • 判定時間を定めたトレード
カワセちゃん
カワセちゃん
独特の機能が多いね。
ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
注文のキャンセルやレートの固定はとても面白い機能だからぜひ利用してみるといいよ。

口座管理もアプリ内でできるほか、操作性が直感的で使いやすいと人気です。

パソコンから値動きの分析をして、スマホから注文をするという方も少なくありません。

スマホアプリの方が注文のしやすいものであると言えるでしょう。

FBS

FBSでも独自アプリの提供を行っています。

しかし、上記で紹介した3社とは違ってトレードそのものはできません。

あくまでも入出金といった口座管理のみができるアプリとなっています。

トウシくん
トウシくん
トレードをする際は、MT4やMT5のアプリでしか取引できないですね。

取引ができるアプリもありますが、それはボーナスを使った運用をするアプリです。

レベルアップボーナス
アカウントに70ドルのボーナスが付与されて、決められた期間でボーナスを増やす口座。140ドル以上の出金は不可。

レベルアップボーナスには多くの制限があるので、プロトレーダーでも140ドルまで増やすのが難しいと言われています。

また、その際に使ったアプリは本取引では使えません。

ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
デモ口座感覚で使う人が多いね。

海外FXでスマホを使うメリット

次に、海外FXでスマホアプリを使うメリットを紹介します。

環境に左右されない

FX取引は本来PCを使って取引するのが一般的です。

パソコンを使う際はネット環境や、PCを操作できる環境が必要となります。

スマホアプリを使えば、携帯電話の通信で相場分析+取引が可能です。

そのため、外出先や移動中の電車の中でも気軽にFXができます。

カワセちゃん
カワセちゃん
FXって平日しか取引できないもんね。
スマホアプリなら外出先でできるから便利かも!
トウシくん
トウシくん
お仕事の合間に相場分析や注文情報を見るのにも適していますね。

チャートが止まりにくい

パソコンのMT4やMT5では、通信環境によってチャートが固まるケースがあります。

マンションやアパートにある無料のインターネットを使うと起こりやすい現象です。

またPCスペック次第では、チャートが固まって再起動が必要となる場合もあります。

スマホアプリではよっぽど通信環境が悪くない限り、チャートがフリーズする事はないです。

ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
スペックの低いPCやネット環境が不安定な場合は、スマホアプリを使った取引も検討してみるといいね。

海外FXでアプリを使うデメリット

次は、海外FXでアプリを使うデメリットを紹介します。

FXで結果を出したいのであれば、PCでの環境を整えて取引した方が良いといえます。

スマホアプリでは制限があるので、具体的なデメリットについて詳しく見ていきましょう。

EAやカスタムインディケータが挿入できない

アプリ版のMT4やMT5にはEAやカスタムインディケータの挿入ができません。

そのため、それらを使うにはPC版のMT4やMT5の稼働が必須となります。

easyMarketsやiFOREXの独自ツールではPC版、アプリ版共にEAやカスタムインディケータは使えません。

MT4やcTraderのアプリは、あくまでも取引や相場分析を行うだけのツールとなります。

EAはPCを遠隔操作すれば、スマホからでも設定はできますが導入はできないと覚えておきましょう。

チャートが小さい

スマホアプリは、当然PC版に比べてチャートが小さいです。

また、MT4やcTraderのアプリでは複数銘柄を一覧表示する機能がありません。

その点PC版にはその機能が備わっているので、幅広い視点で相場分析をするのに適していると言えるでしょう。

カワセちゃん
カワセちゃん
そっかあ。
やっぱりチャートは大きい方が見やすいよね。
トウシくん
トウシくん
複数銘柄を見る時や、チャートを広く表示して見たい方には不向きですね。銘柄を絞った取引であれば問題なく使えると思いますよ。

海外FXのアプリまとめ

海外FXのアプリについてまとめました。

海外FXのアプリまとめ
  1. 海外FXではMT4やMT5アプリでログインすると利用できる
  2. AXIORYやTradeviewではcTraderが使える
  3. XMとeasyTardeでは独自のアプリで取引可能
  4. iFOREXのプラットフォームは独自ツールのみ
  5. アプリは環境に左右されずFX取引ができる

アプリはスマートフォン1つで取引ができるので、使い方を覚えればとても便利なものです。

PC版を使っている方は、まずデモ口座などでスマホアプリの操作に慣れておくようにしましょう。

ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
上手に使いこなして快適な取引を始めてみてね。